150年目の移民

日本脱出したい映画好きな24歳のブログ

All quotes in the movie "Ghost in the Shell 2: Innocence''

This article has been translated into English using DeepL. The text is not accurate. The text is not accurate. Click here to read the article in Japanese.

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

150 Years of Immigration.

Director Mamoru Oshii's "INNOCENCE" is really an exciting film that deals with a philosophical theme. It is. It's a good movie no matter how many times you review it. The previous film, Ghost in the Shell, was outstanding, and the sequel is another great anime.

 

 

f:id:Immigrantofthe150thyears:20190203162952j:plain

Festival at the north end

The scene of the festival at the northern end of the country is a masterpiece. It's a stunning piece of visual beauty.

It's a sin to have something like 4K Ultra HD. Oh I want it.

イノセンス [Blu-ray]

イノセンス [Blu-ray]

  • 発売日: 2006/12/06
  • メディア: Blu-ray
 

 

There are a lot of quotes from past greats and famous scholars in this movie. So I'd like to make a summary of the quotes. I'll also write down the source of the quotes.

The reason why I'm going to do such a tedious task is because I've got a website that has every single one of the many quotes. I didn't see it. I needed a site that would be the complete version of that quote compilation. I want to better understand this heavily folded philosophy. I want to watch Innocence better. Quotes, sayings, proverbs, exhortations, aphorisms, you name it, there are many ways to call it, but I want a summary of it all. But I didn't find the perfect summary site. (Probably.)

Then I'll just have to make it myself. That's what I thought.

Or maybe it's more like "I want to make something" already. I don't say "I want to make something because I have to", I say "I'm driven to make something", I'm just curious.

 

Because it sounds fun, doesn't it? While watching the movie, pull out the words of the lines and reliefs that are quoted and look up the source of the quote. Look up the meaning of the quote. Fun!

Let me be clear!

It was a lot of fun 😁.

 

Quotation summary below.

Bold is a quote. Underneath is the person from whom the quote was taken. In the "" is the work from which the quote was taken.

 

If our gods and our hopes are no longer merely scientific, what reason is there for our love not to be scientific as well?

Liladan, ''The Future Eve''

 

Locus Solus

Raymond Roussel, ''Locus Solus''

 

Even a crow will not peck while the persimmon is green.

kouyou Ozaki, "Letter from Komiji Ozaki, published in Tokuda Akiu-da's autobiographical novel ''Chasing the Light''

 

What's the point of blaming the mirror when your face is bent.

Nikolai Gogol, "The Government Inspector’’

 

A mirror is not a tool for enlightenment, but a tool for wandering.

Ryokuu Saito, ''Ryokuu Keigo''

 

Maintain your existence under conditions that do not harm humans.

Isaac Asimov, "Article 3 of the Three Principles of Robotics in ''I, Robot''

 

A spring day, the other world and this world and the chariot.

Sonoko Nakamura ''suiyousikan''

 

You don't have to be a Caesar to understand Caesar.

Max Weber, ''Categories of Understanding Sociology''

 

People are generally not as happy or unhappy as they think they are. The key is to never get tired of wanting and living for yourself.

Romain Rolland, "Jean-Christophe''

 

Walk in solitude. Do no evil. Seek less. Like an elephant in a forest.

Buddha, ''The Dhammapada''

 

The world cannot live up to the standards of the greats.

Fraser, ''The Golden Branch''

 

What an individual creates is also a genetic phenotype, as is that individual.

Richard Dawkins, "The Extended Phenotype''

 

How many are the sum total of their thoughts. If I count them, they are more numerous than sand.

"The Old Testament Psalm 139''

 

They swarmed and fell like autumn leaves, and frenzied chaos howled.

Milton "Paradise Lost''

 

I haven't forgotten, so I can't even remember.

Takao Tayuu  "Letter to Tsunamune Date''

 

There are two kinds of beliefs. There are two kinds of beliefs: secrecy and honesty. It is not necessary to have both.

Ryokuu Saito, "Ryokuu Narrative''

 

Nothing is true without secrets.

Ryokuu Saito, "Ryokuu Narrative''

 

Life and death is a puppet for the army. I'm not afraid of anything.

Zeami "Fusetsukaden''

 

deus ex machina.

Latin for "mechanical god

 

You can't help but be above the people. You can't stand under a man. It is fit to fall by the wayside.

Ryokyuu Saito, "Ryokyu Narrative''

 

When a donkey goes on a journey, it doesn't come back as a horse.

A Western proverb

 

In accordance with the will of the deceased, gifts of flowers and flowers for the ceremony are strictly prohibited.

ICHITARO FUKUZAWA and Seijiro FUKUZAWA: "An obituary advertisement for his father, Yukichi FUKUZAWA

 

We shall not die in our sleep.

Confucius, "The Analects''

 

You have not yet known life, you have not yet known death.

Confucius, "The Analects''

 

Rarely does anyone understand death. Many endure this not with determination but with stupidity and habituation. In other words, people die because they have to die, but a doll of flesh and blood lives with death as a given thing. 

La Rochefoucauld, "The Maxims''

 

I am pleased to announce that I will be passing away on this day of the month. I have placed an ad for him.

An obituary for Midorisame Saito.

 

The human body is a self-springing machine, a living example of perpetual motion.

De La Mettrie, "Man Is a Machine"

 

God is eternally geometric.

Plato.

 

Just as good fortune shows itself three times, so bad luck shows its signs three times.

Western proverb

 

The man-made golem was energized by the letters "aemaeth", or truth, written on its forehead, but the first letter "ae" was erased and "maeth", or death, was shown, and it returned to the earth.

Jacob Grimm, "Grimm's Fairy Tales''

 

When there is no reason, it is possible to beat the drum and attack.

Confucius, "The Analects''

 

The birds are high in the sky and the fish are deep in the water.

Ryokuu Saito, "Ryokuu Narrative''

 

Let the spirit come forth.

Johann Sebastian Bach''Little Organ Book''

 

There are some people who hold the mirror and are not demons. They do not shine a light on demons, but create them. That is, a mirror is not something to be gazed at, but something to be contemplated.

Ryokuu Saito, "Ryokuu Narrative''

 

Sorrow for the blood of birds, but not for the blood of fish. Blessed is the man who has a voice.

Ryokuu Saito, "Ryokuu Narrative''

 

That's all the citations I could confirm.

35 in all.

That's a lot !!!!

😮😮😮😮😮😮😮😮

 

In "Innocence" METHODS Oshii Mamoru's Notes on Direction", it seems that he explains in detail where director Oshii's intentions are reflected in the film.

「イノセンス」METHODS押井守演出ノート
 

 

I suppose I could buy a book like this and everything would be cleared up, but I'm in a bit of a financial bind at the moment. I'll think about it if I do.

 

f:id:Immigrantofthe150thyears:20190203204232j:plain

Garbage truck man

I'm pretty sure it was in the picture. My daughter, smiling like an angel...

There was no daughter in his picture. He didn't have any family.

Well, there were other lines that hinted at a connection to the previous film.

That's a lot of intricate detail!

I'm a little tempted to review the last one. Right? You might want to take a look.

 

 

I'm writing another Innocence-related article. Take a peek if you'd like!

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

Oh I feel like I understand Innocence a little better again. I'm really glad I made a summary article. If there are any quotations or typos that aren't listed, please keep pointing them out in the comments. If I could make it more complete, I would!

Cyberpunk is really too much of a life hack‼‼‼‼‼‼

私は日本の独裁を恐れて台湾に逃れた写真家です。私の写真を買ってください。

 この記事は私が書いているnoteからの転載です。

note.com

f:id:Immigrantofthe150thyears:20200502091020j:plain

 

 私は安倍晋三総理大臣が進める日本の独裁化を恐れて、台湾に逃れたアマチュア写真家です。これまでは興味のない仕事をしていたけれど、好きなことで生きていきたくなりました。「好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてもよい」と孔子様も言ってますから。

 あなたが私の写真を買ってくだされば、私は日本の独裁化を止める活動をこれからも続けていけます。日本国民の生命、人権、自由、そして未来のために私を支援していただけませんか?けれど、「日本の独裁化とは本当か?」と思う人も多いですよね。ご説明いたします。その手法はナチスドイツを狂気へと導いたアドルフ・ヒトラー独裁国家を作り上げた手法によく似ています。

 コロナウイルスが世界中に蔓延している今、日本もまた危機的な状況にあります。安倍晋三総理大臣は疫病の拡大阻止として新型インフルエンザ等特別措置法を改正しました。そして緊急事態宣言という特殊な政治システムの発動を可能としました。「国家緊急権」あるいは「非常事態法」とも呼ばれる特殊な政治システムに分類されるこの法律は、指導者の権力を法的根拠に基づいて大きく強化します。そしてこの特殊な政治システムは指導者が善人であるという前提で制定されます。強大な権力を善人が使うべきなのは当然です。ですが安倍は善人ではありません。彼は数々の不正を繰り返しています。彼は公職選挙法違反、財政法違反、公文書管理法違反、政治資金規正法違反、とあらゆる罪を疑われています。全て国家の根幹を担う重大な法律ですが、彼がこれを冒涜していることは確実です。本当ならもう逮捕されているはずですが、彼はまだ権力者のままです。あらゆる国家権力からも独立した存在である検察ですら彼の支配下にあります。この邪悪の化身である安倍総理大臣の蛮行を止めるべく、多くの人々が安倍に辞職を求めています。けれど彼がここで諦めるとは考えられません。絶対に緊急事態宣言を発動させるでしょう。

 緊急事態宣言が発動すれば外出の自由、移動の自由、言論の自由報道の自由表現の自由、など多くの権利が制限されるでしょう。いや、もう既に制限されている。不要不急の外出を自粛しろと政府に言われて、従順な日本人は行動が制限されることに疑問を抱いていない。インターネットでは安倍政権に批判的なSNSのアカウントが凍結されています。歴史記事の大規模な修正と改竄も既に行われています。緊急事態宣言が発動していないにもかかわらず、自由は死に絶えようとしているのです。そして発動後は、されに苛烈な言論統制と武力で国内を統制していくでしょう。そして緊急事態宣言はさらに危険な緊急事態条項へと移行するはずです。緊急事態宣言は法律レベルの権力を、緊急事態条項は憲法レベルの権力を、安倍内閣に与えるのです。彼は以前から改憲の必要性を訴えていました。リスクが大きいです。誠実で有能な指導者の下での改憲ならば私はこれを是としますが、彼がするならば私はこれを否とします。

 日本が独裁に至るという理由はまだあります。政治学者のローレンス・ブリジットがまとめた、ファシズムの初期症候というものがあります。これはドイツ、イタリア、スペイン、チリで独裁者が台頭するまでにその国の社会で何が起きていたかを分析したものです。この14の社会的事象が、全て現在の日本に当てはまるのです。14の初期症候と日本における社会的事象の例を簡単に記します。
1.強情なナショナリズム…小学校の道徳の授業で隣人への愛や献身ではなく愛国を教えられるようになった。
2.人権の軽視…緊急事態条項の案では基本的人権に関する項目が削除されている。
3.団結のための敵国づくり…嫌韓反韓を煽る書籍が、まるで聖書のようにホテルの部屋においてある。
4.軍事の優先…防衛費が上昇しているが、社会福祉費が削減されている。一機百億円の戦闘機を百機購入した。
5.性差別の横行…日本女性の8割が男女格差を感じている。管理職への登用がされにくい等。
6.マスメディアのコントロール…政権に批判的な知識人がメディアから左遷。WW2当時のメディアとよく似てきている。
7.国家の治安に対する執着…国内でテロが頻発していないのにテロ等準備罪を成立させた。
8.宗教と政治の癒着…安倍内閣の閣僚はすべてカルト宗教団体から後援を受けている。
9.企業の保護…消費税を増税させたが法人税を大幅に低下させた。
10.労働者の抑圧…日本の企業の中で非合法で非人道的な過酷な労働環境にある企業は7割。
11.学問と芸術の軽視…教師の残業代未払い、国立大学予算削減。
12.犯罪の厳罰化への執着…2017年に刑法改正案などを成立させた。
13.身びいきの横行と腐敗…森友学園加計学園桜を見る会にみられる不正の横行。
14.不正な選挙…安倍政権は公職選挙法違反の疑いが極めて強い。
この全ての初期兆候を満たしていることからも、安倍晋三が邪悪な男であり、日本の独裁化は本当だと思うのです。

 WW1で敗戦したのでドイツはベルサイユ条約により多額の賠償金の支払いを求められました。さらに1929年から始まった大恐慌で経済的に大きなダメージを負った。イギリスやフランスは植民地を持っていたので排他的なブロック経済を用いて対処できましたが、ドイツには植民地がなかった。ますます貧しくなったドイツ人が強い指導者を求めたのは必然です。「非常事態には非常な政治が必要である」という論理で、ヒトラーは合法的に独裁を開始しました。安倍もまた同様の手法で、正当な法的拘束力を根拠に独裁を始めるでしょう。日本が世界第二位の経済大国であったのは三十年も前です。日本は凋落しました。国は多くの借金を抱え、格差が広がり、国民は生活に困窮しています。そこへコロナウイルスの蔓延と、世界的大不況。大恐慌。この危機的状況にある社会を安定させ、国民を守るには政府の権力の強化が必要だ。まさに「非常事態には非常な政治が必要である」というヒトラーの考え方と同じです。誠実な政治家の下での大きな権力の使用や改憲ならば私は支持できます。けれど安倍晋三という邪悪な人物が総理大臣ですから、これからの日本ではきっと良くないことが起きるでしょう。

 ゲルマン人こそが至上。ユダヤ人は粛正すべき豚だ。その狂気がナチスを蛮行へ駆り立てました。日本人は世界一である。韓国人は万死に値する悪だ。その狂気が日本を破滅させるでしょう。緊急事態宣言は直近まで迫っている。その後のさらなる悪夢、緊急事態条項まで政府は止まらない。一週間から二週間程度で宣言が発動するのではないかと私は予想しています。長くても四月中ではないでしょうか。政治は鏡です。日本の政治が乱れているのは日本国民が乱れているからです。日本人が愚かだから愚かな独裁者が生み出されたのは当然の結果です。

 私はパスポートだけで国を逃れたのでビザがありません。6月中旬で帰国しなければならない。けれど帰国すればそこは自由も権利も未来も抹殺された社会でしょう。私はそうなる前に、「世界人権宣言を尊重して私が台湾にとどまることを許可してほしい」と台湾政府と交渉するつもりです。先日その請願を総統府にメールで送りました。

 私は独裁に服従しない。人種差別的で軍国主義的な権力の暴走と戦います。私の写真を買って、支援をお願いします。あなたの支援が私の創作活動を助けます。私の写真を買ってください。

 追記 4月6日に緊急事態宣言は発令されました。これからその期間を延長していき、緊急事態条項の成立へと安倍政権が繋げる可能性があります。一方で、安倍晋三への国民の支持は急速に低下しています。政府内における求心力も低下しています。彼を排斥して逮捕することが可能かもしれません。けれど安心はできません。その理由は橋下徹というもう一人の独裁者が支持を集めているからです。橋本は人種差別的な人です。彼は教育や芸術や福祉や医療への予算を削減しようとしています。彼は「今の日本に一番必要なのは独裁だ!」と言っていました。もしも安倍を辞職させることができたとしても、独裁の脅威は存在するのです。

 

緊急事態条項の危険性をより詳しく知りたい方はこちらを。

 

安倍政権の腐敗について知りたい方はこちらを。

国賊論

国賊論

 

 

大阪維新の会が提唱する大阪都構想の危険性についてはこちらです。

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書)

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書)

 

 

これ以上独裁者の好きにさせてはなりません。もし選挙があれば必ず行って、とりあえずは与党以外に投票しましょう。そして国民のために政治を行う指導者を擁立しましょう。私たちが政治を大切にしないことは、私たちの未来を捨てるに等しい行為です。

Mのためのカメラ講座Ⅹ 「ダベる」

 150年目の移民です。

 Mのためのカメラ講座 10回連載最終回。

 ちなみに前回の話はこちら。

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

 今回はカメラについてのあれこれを喋るだけです。ダベるだけ。ダベるって言うとなんだか相手がいる対話みたいですね。一人でパソコンに向かっているだけなのに。相手がいるとするならばMやこのブログをいつも見てくれている皆さんですね〜。喋るっていうか書くんですが。本当に大した内容じゃない気がするけど。脈絡もなく、ただ適当に書くだけです。

 

なんとなく一日中、

硯に向かって、

心に浮かんだいろいろな事を、

とりとめもなく書き始めたら、

まるで何かに憑かれたように筆が止まらない。

 

 徒然草の中で兼好法師がそう書いていましたがそういう感じで書いていきたいんですよね。カメラや写真についての心に浮かんだことを書き留めておくことがMへの短期的あるいは長期的なサポートになるような気がするし、共感してくださる同好の士がいるかもしれないと思うとなんか楽しそう。

 

 まず写真が上手になりたければ数を撮るしかないよねと思っています。どうすれば写真が上達するのか?とたまに質問されるけれど数を撮るしかないです。映画の専門学校行ってた時に講師も言ってました。『とにかく撮りまくれ!写真は数だ!』と。表現もスポーツも外国語も、数をこなすから見えてくる世界があると思います。たくさん撮って質が上がるんです。

 

 質が上がるで書くならば理論も大切ですよね。「写真は感覚だろ!」って人もいると思うんですけど「いやきっと違うよな」って思う。上手な写真を撮るための理論が蓄積されてそれを実際の撮影で無意識的に、迅速に、有効に発揮できた時にセンスと呼べると思うんです。「理論の蓄積」が「感覚」とか「感性」とか言われてるだけのような気がします。理論を身に付けることは重要です。

 

 見たことのない世界が見れるって喜びだと思います。モノクロ写真がなんとなく上手な写真に見えてしまうのはそれが理由だと思います。普段私たちはカラーで周りを見ていますから、白黒の世界は私たちには見慣れない新鮮さがあるんだと思います。おもしろい写真の一側面に「普段見れない世界が写っていること」なんだとすれば、他に普段人が目にしないのは「魚眼レンズの画角」とか「超望遠レンズの画角」でしょうか。でもレンズを買うとなるとお金が入りますよね。お金をかけずに普段見ることのない世界を撮るのなら、「カメラを逆さまにして撮る(パソコンで上下反転させても同様)」「しゃがんで撮る」「高いところから撮る」「流し撮りや長時間露光で撮る」とかでしょうか。普段の生活ではありえない視点だから世界が変わるという。ちょっと他の写真と雰囲気変えるなら「アスペクト比を変える」のもいいかもしれません。アスペクト比とは写真の縦横の比率のことです。3:2とか3:4とか16:9とか1:1とかいろいろありますが、これを変えるだけでも表現が変わりますよね。

 

 カメラの設定はいろいろあるけれど、昼間はF8くらいで撮ってます。昼間なら光がたくさんあるから絞りを開けすぎなくても撮れるし、たいていのレンズはF8前後が最も画質が安定すると聞きますからね。この時、様々な露出に瞬間的に対応するために絞り優先オートをよく使います。絞り優先オートのF8、SSオート、ISOオートとか。ISO400とか800とかでもいいですね。明るすぎるor暗すぎる時でもSSがオートだから調整してくれるし。F8って万能だと思います。ある有名な写真家が『いい写真を撮るにはどうしたらいいですか?』と聞かれた時、『とりあえずF8に設定して現場にいることだ。』と言っていたらしいですけどなかなか真理だなと思います。誰だったかなその人。ロバート・フランクだったかな?違うかも。とにかく伝説的な写真家だった気がする。

 

 設定でもう一つ書くならプログラムオートは構図や被写体の行動だけに気を配っていればいいから楽と言えば楽かもしれませんね。初心者には特に。ただボケが欲しいとか流し撮りをしたいとか、撮影者の意図を確実に反映させることができないのは難点ですが。でもSSもFも機械が調整してくれるんだからシャッターを押すことだけに集中すればいいっていうのはありがたい話ではあります。カルティエブレッソンの写真集で決定的瞬間というのがありましたがまさにそういうことだと思います。私はまだこの決定的瞬間を写せたという写真があまり撮れていないと思っているので日々研鑽を重ねていきたいです。

 

 三脚をいきなり立てるのはダメですよね。景色のいいところ来たからさっそく撮ろう!!即三脚!!これはダメですよね。自分の撮りたいモノが本当にそこから撮れるのかはファインダー覗かないと分からないんですから。もっと近づいたほうがいいか?離れたほうがいいか?下から見上げるようにして撮るか?俯瞰するか?それを決めないままに三脚立てると撮影地点が決定されてしまう。自分の撮りたい写真が撮れそうな場所をしっかりと探してから三脚立てるべきだと思います。まずはファインダーを覗くのが先です。

 

 しっかりと安定した姿勢で構えることも重要でしょう。SS1/100なら0.01秒の時間を記録しますが、不安定な構え方だとたったの0.01秒でも写真はブレる。広角レンズで撮っていたりや手振れ補正が有効ならそんなに気にならないとは思いますが。シャッターを押すときも人差し指で少し押し込む程度で撮った方がカメラが揺れなくてすみます。それだけ高精細な写真になるはずです。カメラが動かず、安定していますから。

 

 写真にこだわり始めるとどうしてもレンズが買いたくなるし、カメラ本体も新調したくなりますよね。この焦点距離を使いたいなーとか、あの撮影のためには別のシステムが要るなあとか。フィルターが欲しいとか、アクセサリ欲しいとか。この前もシャッターレリーズ買いました。価格.comで欲しいスペックを備えたアイテムを探すと地獄を見ますよね。。。マルミ光機の67mmCPLが10000円!!く〜〜〜〜〜〜〜〜〜。ポチ。(あッ。買っちまったあ!)っていう。まあ本当は即買いせずにちゃんと悩んで買っているんですけど。何しろ値段が値段ですし。それでも買ってしまいましたよ。だってZEISSのレンズなんですもん。いいレンズに付けるからCPLもちょっと高級品買おうという判断ですね。本当に地獄です。沼です。レンズ周辺は一度入ったら出られない沼。もがけばもがくほど深みにはまって抜け出せなくなる沼なのです。そう言う意味ではレンズ一体型のカメラを使っている人はとても賢いとも言えます。レンズのカスタマイズが不可能だからこそ出費は抑えられます。レンズを買うことで自分の撮影技術の稚拙さを補おうという私とは違って賢明ですよ。本当に。最近のコンデジやネオ一眼の性能は中々のものです。あれだけの性能、あらゆる画角を一台で備えていてしかも軽量とか素晴らしいです。

 

 写真を撮ると記憶に残りにくいって話がありますけど、そんなのくだらないと思っています。イベントや旅行で写真を撮ると記憶には残らない。なぜなら「カメラがこの瞬間を記録しているんだから脳が覚えておかなくてもいいじゃん!」と人は心のどこかで油断しちゃうからだ。そんな感じのやつです。多くの統計に裏付けられていて、科学的信憑性が結構高い研究結果だそうですが、それでも言いたい。くだらない、と。だって何年も前に行った旅行の昼食を鮮明に覚えていますか?とても美味しかったとか、奇抜な色をした食べ物で驚いたとか、その程度しか思い出せないでしょう?記憶なんて所詮は曖昧なんだからデータの方がよほど正確だと思うのです。自分の脳よりデータの方が正しいなんてちょっとなあとも思わないではないですが。それでも自分を自分にしてくれるのは脳なんですけどね。脳内の記憶を軽視するわけではないけれど、記録だって大切な自己同一性の構成要素でしょう。むしろ記録と記憶は不可分だ。同じモノだ。ならば区別する必要もないのかもしれないと思ってしまう。まあでもそれも古い考え方なのかもしれませんけどね。google photo等写真系クラウドサービスやinstagramという写真系SNSが普及した今、写真は個人のものであると同時に巨大IT企業のものでもあるわけです。彼らは世界中から集めたデータを使ってAIの力を伸ばしまくってるわけですが、そうなると個人が巨大な力に規定されて、管理されてしまう。もうそうなってると思うし、これからもますますそうなる気がする。だからこそデジタルな記録ではなく脳というスタンドアローンな記憶が重要なのかもしれないなとは思います。写真を撮らずにただ憶えておくことはこれからどんな意味を持つんでしょうね。けど、攻殻機動隊みたいに脳が直接ネットに繋がる技術はもう生み出されているから、これが世界に普及したらいよいよ記憶と記録は不可分ですね。間違いなく、完璧に、文字通り、全く同じモノだ。だって脳をハッキングされてデータを改竄された後で、改竄した証拠を消せば本人は気づかないんですから。私はハッキングされていないという記憶がまず信用できなくなってしまう。それでも私が私であるという確信をどこかに見つけ出すしかないんでしょうなあ。。。例えば腕時計や筋トレに対して。←意味がわからなかったらghost in the shell(1995)を観ていただきたい。意味が分かっちゃう残念で最高なオタクのみなさんとはコメント欄で何か語り合いたいですねw少佐の筋肉についてとかwww私が私だという確信を何に見出すかという事について、150年目の移民の場合は写真ですね。ハッキングされてもきっと写真撮ってる気がするし、サイボーグ化してオリジナルの肉体が無くなっても写真編集してると思います。どうしてそう思うのかって?そう囁くのよ。私のゴーストが。

 

 あとは〜そうだな〜。哲学が感じられる写真がグッときます。時代や物の本質や時間や思想や感情が写っている写真も素敵なんですが、哲学的な写真が撮りたいなと思います。ここ1年以上は自分と自分の周囲の虚像を撮るのに嵌っているんですが、これをもっと磨き上げて哲学性を高めたいですね。ここから見れます。もし興味を持っていただけたなら見ていかないでください↓ついうっかりと覗かないでください↓

www.behance.net

 

 まあ徒然なるままに書きましたね……。駄文を……。カメラ初心者に対してはある程度有用な文章なのかもしれませんが、玄人の先輩方にはあまりにも当然なことばかりだったかも。レンズは沼とかそんな事はDNAに直接刻み込まれるレベルで経験則として既に学習してるし!!ってね。でもいいんです。Mはカメラ初心者だから。

 

 

 Mのためのカメラ講座Ⅹ 「ダベる」これにて終了。

 さあ!充実した写真生活を楽しもうぜ📸

 

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191120232625j:plain

 

 

 

 

Mのためのカメラ講座Ⅸ 「小技」

150年目の移民です。

Mのためのカメラ講座 10回連載9回目。

ちなみに前回の話はこちら。

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

今回はちょっとした撮影テクニックを紹介。

でも初心者向けなのでまあ当たり前と言えば当たり前な内容も多いんですけど。

 

とりあえず綺麗な場所に行ってみる。当たり前ですね。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011112j:plain

 

奇抜な色に編集する。pcやスマホでなんとかなるかも?

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011218j:plain

 

前ボケを使ってみる。手前の柳の枝にフォーカスを合わせないことで撮影しています。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011125j:plain

 

水面に写り込む物を撮る。本物を撮ることに飽きてきたら嘘を撮ればいいんじゃないでしょうか。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011145j:plain

 

顔っぽいものがあったらとりあえず撮影。顔って結構見つかります。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011157j:plain

 

模様、パターンが綺麗だなと思ったらとりあえず撮る。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191118172449j:plain

 

SS1/10とか1/15くらいにして歩行者撮ってみるとめちゃ楽しいですよね。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191118172425j:plain

 

ブラインドからのびる影でどんなものでもシマウマになれます。楽しい。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191118172350j:plain

 

雨が降ったらフィルターに雨粒がついて、光を乱反射させます。雨の日はいい写真が撮れますね。あらゆるものが普段とは違った雰囲気になります。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011205j:plain

 

フィルターにそっと息を吹きかけて結露させるとこうなりました。不思議だね〜。

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191118170139j:plain

 

はい。撮影を楽しくするちょっとしたテクニックでした。

Mのためのカメラ講座Ⅸ 「小技」 これにて終了。

次回「ダベる」に続く。📷

 

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

Mのためのカメラ講座Ⅷ 「構図」

150年目の移民です。

Mのためのカメラ講座 10回連載8回目。

ちなみに前回の話はこちら。

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

今回は構図について解説。

解説っていうか構図ごとの作例といったほうが適切かもしれない。

ここに掲載された構図だけが全てではありません。他にもいろんな種類があります。

構図を真似するだけで写真が上手に取れることもよくありますよ。

 

日の丸構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011006j:plain

撮りたいものを日本の国旗のように中心においたシンプルな構図。シンプルだからこそ露出や色に拘らないと凡庸な写真になりがち。

 

左右対称構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011039j:plain

左右対称な被写体に適した構図。例えば神社などが左右対称。

 

対角線構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191204002625j:plain



斜めに直線が入った構図。直線は人工物によく見つかる。

 

三分割構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011017j:plain

三分割構図はサンドイッチ構図とも呼ばれたりしますがちょっと意味が違うのかもしれませんね。ここでは空と堤防と川で三分割ということにしましょうか。

 

三角構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191122165445j:plain



木や柱や塔に近づき、見上げて撮影するとこうなります。広角レンズだと遠近感が出ますね。

 

アルファベット構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191112181012j:plain

写真の中にアルファベットがある構図。この写真ではS。街を歩いてアルファベットを探すと楽しい。YとかLとかCとかTとかHとかね。

 

放射状構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011028j:plain

一点から全体に直線が伸びている構図。計画的に整備された都市で発見しやすい。

 

黄金螺旋構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101011048j:plain

数学者フェボナッチが見つけ出した黄金比螺旋のこと。フェボナッチ螺旋構図とも呼称。螺旋階段を上から、あるいは下から撮れば発見できる。

 

額縁構図

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101010954j:plain

額縁ショットとも呼ばれる。なんてことない普通の景色が額縁のような「枠」から見るとちょっと違った雰囲気にも見える。窓や穴があれば成立する構図。

 

これくらい紹介すればいいかな。写真のバリエーションも広がるんじゃあないでしょうか。普通の写真だなあとか、つまらない写真だなあと思ったら構図を考え直すとおもしろい写真撮影になるはずです。

Mのためのカメラ講座Ⅷ 「構図」これにて終了。

次回「小技」に続く。📷

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

 

Mのためのカメラ講座Ⅶ 「HDR」

150年目の移民です。

Mのためのカメラ講座 10回連載7回目。

ちなみに前回の話はこちら。

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

今回はHDRについて解説。

解説しようと思った理由は「HDR撮影可能」とか、「HDR対応ディスプレイ」とか最近はよく聞くようになったからです。

HDRとはHigh dynamic rangeの頭文字です。

これを理解するためにはダイナミックレンジとは何かを知る必要がありますね。

ダイナミックレンジとは「表現可能な明るさから暗さまでの範囲」のことです。

??????ですね。下の写真を見てください。

 

通常の撮影

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101010915j:plain

夕暮れのコントラストが印象的ですね。でも黒いところも撮影したいとしたらどうしますか?黒いところは暗いところです。暗い場所の撮影にはSSやFやISOを調整して光をたくさん受光すればいいのです。ですがそうすると空が明るくなり過ぎてしまうはずです。露出は蛇口から流れ出る水とコップの関係に似ている。明るい空に対する適性露出では暗い地上からの光がコップの中に入ってこないし、暗い地上に対する適性露出では明るい空の光がコップの中にたくさん入りすぎる。この矛盾した問題を解決するにはどうしたらいいのか?カメラメーカーが考え出した解決策は、

「明るい写真と暗い写真を別々に撮影してカメラ内部のコンピュータで合成し、一枚の写真に生み出せばいいじゃないか!」

といったものでした。つまりは異なる露出で撮影した複数の写真の長所を合わせて短所を補完しようという技術こそがHDR撮影なのです。

 

HDR撮影

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101010925j:plain

地上もよく写っているし空も明る過ぎない。HDRによって表現可能な明るさから暗さまでの範囲が拡大したからです。HDRはここ数年で広まりました。昔からあった写真撮影技術ではないのです。ですがこの技術はこれからのデジタル写真・映像にとって大切なものになるはずです。すでにテレビやモニターもHDR対応製品が多く作られていることからもその流れは世界中で加速し、普遍的なものになると考えられます。っていうか、もう既にそうなっています。だからこそHDRは解説すべき項目だと感じました。

カメラにHDR機能が搭載されていなくてもPhotoshopにはすでに同様の機能が搭載されているのでそれを使って編集すれば大丈夫です。

Mのためのカメラ講座Ⅶ 「HDR」これにて終了。

次回「構図」に続く。

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

 

Mのためのカメラ講座Ⅵ 「ホワイトバランス」

 150年目の移民です。

Mのためのカメラ講座 10回連載6回目。

ちなみに前回の話はこちら。

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com

 

今回は「ホワイトバランス」について解説。

 

ホワイトバランスとは「白を正しく記録するための定義」とでもいうべきでしょうかね。白に光を当てると白ではなくなります。光の色に染まるからです。

青い光が照らされた白い壁は青く見えるし、赤い光に照らされた白い服は赤い服に見える。では正しい白を決めておかないと正しい色で撮影できないではないか。そんな困った状況に対応するためにホワイトバランスを理解しておく必要があるのです。

ホワイトバランスはWBと略されることもあります。

 

札幌時計台の中でWBを説明しましょう。

 

WB晴天

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191112151756j:plain

晴天のときはいろんなものが少し青みがかった光に照らされています。だからカメラは正しい白を記録するためには青とは逆にやや赤く記録しようとすることで色の均衡を保とうとするのです。でもちょっと赤くなりすぎてしまいましたね。

 

WBタングステン

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191112151751j:plain

WBタングステンとはタングステンライトに照らされている時に使います。タングステンライトとは白熱電球のことです。赤っぽいオレンジの光を出すライトです。オレンジ色の光に照らされた世界は全ての色がオレンジに近づきます。だからカメラはその逆に青く世界を補正して色の均衡を保とうとするのです。でもこれは青くなりすぎですね。

 

WB調整後

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191112163734j:plain

ホワイトバランスを調整したら現実的な色になりました。

 

ホワイトバランスを変更すれば星空を幻想的に撮影できます。

WB晴天

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101010850j:plain

黒っぽい星空。

 

WB蛍光灯

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101010904j:plain

紫色の星空。蛍光灯は緑色の光を放つのでカメラは紫色で打ち消そうとします。色の均衡を保つために。けれど星空の下には蛍光灯がないので紫色の世界が記録されるのです。

 

WBタングステン

f:id:Immigrantofthe150thyears:20191101010837j:plain

青い星空。この3枚の中では一番好きな色です。青が好きです。

 

こんなふうにWBは色を正しくしたり撮影者の好みの色で世界を補正する時に役立つのです。

Mのためのカメラ講座Ⅵ 「ホワイトバランス」これにて終了。

次回「HDR」に続く。📷

 

immigrantofthe150thyears.hatenablog.com